CBDとTHCの効果・副作用まとめ公式サイト

麻の一滴CBD 商標登録第6149272号
日本臨床カンナビノイド学会会員

CBDとTHCの効果・副作用まとめ

CBDとTHCの効果・副作用まとめ

 
CBDは合法


※ここで書くCBDの効果は麻の一滴CBDの効果を示すものではありません。



麻の一滴CBDの原料にもなっているアサには、カンナビノイド、テルペンなど500種類を超える化合物が含まれています。
その中でも、現在関心が集まっているカンナビノイドには104もの種類があります。

この104の種類の中で最も薬理効果が期待されている成分がCBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)です。




 

CBDは合法的に使用可・THCは違法のため使用不可

 
法律


CBDとTHCには沢山の効果があると言われています。
CBDについては向精神作用が無く、日本でも合法的に使用することができますが、THCには強い向精神作用があるため法律で使用が禁止されています


・CBDの使用
CBDは精神作用がないことから日本での使用が認められています。
(正確には、THCをほぼ含まないアサの種子と茎から抽出したCBDは使用可)


・THCの使用
THCは向精神作用が強く、いわゆるドラッグ(マリファナ)として法律で使用を禁止されている国が多いです。日本ももちろん同様です。
(正確には、THCを多く含むアサの花穂や樹脂、またはそれらから作られた製品の所持・使用不可)


たくさんの効果が期待されているTHCが使えないのは残念ですが、実はCBDはTHCに期待されている効果をほぼ網羅しています。
つまり、CBDが合法的に使えるのならTHCが使えなくても問題なさそうです。




 

CBDとTHCの効果とは

 
ECSイメージ


CBDとTHCにはどのような効果が期待できるのか見ていきましょう。
参考:日本臨床カンナビノイド学会

 
  CBD THC
疼痛緩和
食欲抑制・体重減少    
殺菌・細菌増殖抑制  
血糖値を下げる  
悪心嘔吐を減らす
発作と痙攣を減らす  
真菌感染症治療    
炎症を減らす  
睡眠補助  
動脈閉塞のリスクを減らす  
腫瘍・癌細胞の増殖抑制  
乾癬治療  
精神病管理・精神安定剤  
抗痙攣
不安を和らげる  
食欲増進  
骨の成長促進  
免疫系の作用抑制  
小腸収縮抑制  
神経系変性の保護  


この表を見ると、CBDがTHCの効果をほぼ網羅していることが分かります。




 

CBDとTHCの安全性・副作用は

 
本


効果があるということは、副作用もあるのではないかと安全性が気になります。
 

■CBDの安全性・副作用

CBDにはほとんど副作用はなく、安全に使用することができます。
ただ、眠気を誘発することがあるので運転時や危険を伴う作業時などには使用しないほうが良さそうです。

・世界保健機関(WHO)の記載
世界保健機関(WHO)がまとめた『カンナビジオール(CBD)事前審査報告書』によると、下記のような記載があります。
”ヒトにおいてCBDは、乱用あるいは依存可能性を示唆する作用はない”
”CBDの潜在的な治療効果を数多くの管理されたオープン試験を横断的にみると、CBDは、良好な安全なプロフィールをもち、一般的に良好な忍容性(許容性)がある”

・日本臨床カンナビノイド学会の記載
日本臨床カンナビノイド学会によると、CBDには下記副作用があるといわれています。
”CBDでは疲労、傾眠が報告されています”

 

■THCの安全性・副作用

THCは強い向精神作用があるため危険です。
日本でも法律で使用が禁止されているので、絶対に使わないようにしてください。

・厚生労働省の記載
厚生労働省のホームページには、絶対に使ってはいけないという注意喚起と併せて下記記載がされていました。
”THC(テトラヒドロカンナビノール)は、幻覚作用や記憶への影響、学習能力の低下等をもたらします”
”THC(テトラヒドロカンナビノール)が脳神経のネットワークを切断し、幻覚作用、記憶への影響、学習能力の低下、知覚の変化などを引き起こします”

・日本臨床カンナビノイド学会の記載
日本臨床カンナビノイド学会によると、THCには下記副作用があるといわれています。
”めまい、口渇、悪心、疲労、傾眠、多幸感、嘔吐、失見当識、嗜眠、錯乱、平衡感覚の喪失、幻覚が報告されています”




 

まとめ

 
ポイント


CBDとTHCの効果について書きましたが、CBDにはたくさんの効果があることが分かります。しかも副作用がほぼなく安心安全に使えるので、近年、CBDが注目されているのも納得です。
THCは危険なので使ってはいけませんが、CBDを使える機会が増えていくと良いですね。