麻の一滴CBDの商品詳細・正規通販 | ナチュロ(NatuLo)公式ホームページ

WHAT'S CBD-OIL

CBDオイルとは

CBDオイルの魅力とは?
[ 薬理効果 ]医学博士がまとめて解説!

CBD(カンナビジオール)は大麻草に含まれる主成分の一種です。 同じく大麻に含まれるTHCとは異なり精神作用や依存症は一切なく、麻由来の天然成分が持つ健康的な力を感じられることから世界中の様々な分野で注目を集めています。

2017年に世界保健機構(WHO)が、CBDは「安全な薬物」とする公式見解を発表。
てんかんや癌などをはじめ100種類近い疾患に対して有効的な薬理効果があると認めた事を大きなきっかけに、世界中に認知が広がり大流行し始めました。

我が国でもCBDはリラックス効果や不眠症改善を期待する方々に支持され、オーガニックサプリメントとしての人気が高まっています。しかし、欧米諸国に比べるとまだまだ認知度が低く、未だサプリメントの域を出ません。

私個人としては、もっと多くの方にCBDを知ってもらい、医療現場においてもCBDを活用することで深刻な疾患に苦しむ人が減ることを期待しています。CBDは、今後に向けての展開が非常に期待できる夢のある成分であると確信しています。

小野寺 敏(おのでら さとし)
医学博士・精神対話士

治未病医学総合研究所 所長
治未病総合治療院 院長
未病医学、機能性食品の開発やメンタルケアの研究等を手掛ける医学博士。 日本未病システム学会(評議員)、日本マイナスイオン応用学会(副会長)ほか、幅広く活躍中。

医学博士・精神対話士でもある小野寺 敏先生もCBDの魅力・メリットに大注目。これからの展開に大きな期待を寄せられています。

欧米では既に多くの方が実際に利用し手放せないほど愛用されているCBDオイルですが、まだまだ我が国では一般的に知られていないのが現状です。そこで、本ページでは「CBDとは何か」を深く掘り下げてみたいと思います。

【目次】

CBD(カンナビジオール)とは?

CBD(カンナビジオール)は大麻草に含まれる主成分の一種で、その薬理効果と安全性の高さから今世界で最も注目されている成分です。

大麻草由来の成分であるにも関わらず、世界保健機関(WHO)がそのCBDの有効性と安全性を正式に認める公式見解を発表したことから世界中に衝撃を与えました。

研究機関や医療業界をはじめ、スポーツ業界や美容業界、そして飲料メーカーまでもがCBDの高いポテンシャルに着目し、ここ数年で急速に世界中で流行しました。 そんな注目度100%の「CBD」とは一体どんな成分なのでしょうか?

CBDは大麻由来の成分!日本での違法性は?

CBDとは、アサ科の植物に含まれる「カンナビノイド」という化学物質の一種です。
CBDは約60種類ある大麻草のカンナビノイドの中でも「THC(テトラヒドロカンナビノール)」「CBN(カンナビノール)」と並んで三大主成分の一つとして知られています。

同じく大麻草から抽出されるTHCには俗に言う「ハイになる」「キマる」といった向精神薬作用があり、日本では別名「マリファナ」の呼称で知られ、違法薬物として禁止されています。 一方、CBDには一切の違法成分が含まれていません。
摂取してもTHCのような精神作用はなく、むしろ高い薬理効果があることが近年の研究で分かっています。 依存性や乱用性も一切認められていないことから日本でも合法的に使用することが出来る安全な成分です。

「CBDオイル」と「ヘンプオイル」の違いとは?

近年、健康・美容家の間で話題になっている「ヘンプオイル」。
どちらも原材料は大麻草ですが、両者は全くの別物です。

ヘンプオイルは「ヘンプシードオイル」として知られる麻の種子を低温圧搾したオイルです。
主成分はオメガ3やオメガ6などを含む「必須脂肪酸」で、一切のカンナビノイド成分を含みません。
少し前に流行した「亜麻仁オイル」や「ココナッツオイル」と同じスーパーフードの類に入る食用オイルなので、 サラダなどにかけて食べるのが一般的です。

一方「CBDオイル」はCO2超臨界抽出法という抽出法によって成分を壊さずに抽出した高濃度のオイルで、主成分はCBDを含む「カンナビノイド」です。
どちらも健康に良いものではありますが、ヘンプシードオイルにはCBDオイルのような薬理効果はないので購入する際には注意が必要です。

CBDの「アントラージュ現象」って?

「アントラージュ現象」とは、天然のカンナビノイド(CBD・THC・CBG・CBNなど)やテルペン類(植物の精油成分に含まれる成分)に含まれる他の有効成分(ビタミン・脂肪酸・タンパク質など)が、それぞれ連携することによって生まれる相乗効果のことを指します。

とくにテルペン類にはカンナビノイドが本来持つ耐性力や抗菌作用を高める効果があるとされていて、CBD単一で摂取するよりもテルペン類を同時に摂取した方が浸透率や吸収率が高くなるという研究結果が立証されています。(参考資料:https://bpspubs.onlinelibrary.wiley.com/doi/pdf/10.1111/j.1476-5381.2011.01238.x

この相乗効果であるアントラージュ効果を得るためには、CBD単一ではなく多くのカンナビノイド類が含まれている「フルスペクトラム」と呼ばれるタイプのCBDオイルを選ぶと良いと言われています。

CBDは万能薬!?薬理効果と安全性を世界保健機構(WHO)が正式認定!

2017年、世界的権威を持つ世界保健機関(WHO)が衝撃的な公式見解を発表しました。 なんと、2017年にジュネーブにて行われた薬物依存に関する専門委員会(ECDD)会議において、大麻草由来成分であるCBDを正式に「安全な薬物」と認定したのです。
(以下、参考資料:http://cannabis.kenkyuukai.jp/images/sys%5Cinformation%5C20171206225443-F93DD6CFE8B1C092970601FFD88BDBE2E5F96AE8B22F18642F02F65C6737547F.pdf

大麻草に関する国際条約が見直されたのは1961年の「麻薬に関する単一条約」以来初めてのことだったので、世界中に衝撃を与えました。

「CBDは乱用性も依存性もない」CBDに関するWHOの報告書が衝撃的!

WHOが発表した内容によると、ECDD会議において以下の内容が正式に認められました。
・CBDにはTHCのような精神作用が認められない
・CBDは乱用性や依存性を示さない
・CBDは数多くの疾患に有効的であるというエビデンス(科学的根拠)がある
・CBD単一の副作用は認められない
・CBDの使用に関連する公衆衛生上の問題はない

要するに、「CBDは安心・安全で、薬理効果の高い成分」ということを認め、世界に向けて公式見解として発表したことになります。
世界的権威であるWHOの異例とも言える公式発表。

今まで何十年もの間「危険な薬物」として規制されていたCBDに対する認識が100%ひっくり返ったこの報告内容に、世界中が衝撃を受けました。 また、これを機にWHOは大麻草の成分全般のスケジュールを見直すことにも改めて言及しており、今現在も各国・各機関で研究が進められています。

CBDの薬理効果が認められる代表的な疾患は?

CBDの薬理効果が認められる代表的な疾患には以下のようなものがあります。
・てんかん
・がん
・アルツハイマー病
・パーキンソン病
・不安障害
・精神障害

なんとこの他にも、現在研究が進められている疾患を含めると約100以上の疾患に薬理効果が期待出来るとされています。 中でもてんかんに関してはCBDの効果を裏付けるエビデンスが最も多く揃っているため、CBDの抗てんかん作用については世界中で認知されています。

とくにレノックスガストー症候群やドラベ症候群などの「難治性てんかん」に高い効果があることが分かっていて、2018年には大規模臨床試験を経てアメリカで初めてCBD由来のてんかん薬「エピディオレックス」が承認されました。 改めて後述しますが、このエピディオレックスに関しては近々日本でも治験が開始されることが決定しています。

この治験で一定の効果が認められて処方薬化された場合、日本におけるCBDの認識が急速に拡大するでしょう。

CBD摂取による副作用はある?

WHOによる報告書では、CBDに関する副作用が報告された例について言及しています。

しかし、この報告については「CBDを使用した患者の既存の処方薬との間の薬物相互作用」である可能性を指摘しています。 要するに、CBD使用者が普段から使用していた処方薬との飲み合わせの悪さから何らかの症状が出てしまった可能性がある、ということです。

CBD単一で摂取した場合の副作用については、今のところ認められていません。
CBDの安全性は高く評価されています。

とは言え、処方薬との飲み合わせによっては稀に何らかの副作用が認められる可能性もあるので、使用の際には医者などに相談することが大切です。

CBDは安全!世界アンチ・ドーピング機構(WADA)の禁止薬物リストから除外へ

WHOによるCBDの見直しが追い風となり世界中で需要が高まっているCBDですが、なんとその余波はスポーツ・アスリート業界にも広がっています。

スポーツの国際大会におけるドーピング検査の実施や罰則規定の統一化など、国際的なアンチ・ドーピングに関する啓蒙活動を目的として設立された「世界アンチ・ドーピング機構(WADA)」は、2018年にCBDを禁止薬物リストから除外しました。

「CBDは身体に影響なし」WADAも認めたCBDの安全性

従来、WADAはCBDやTHCを含む「天然及び合成カンナビノイド」を禁止物質に指定していましたが、WHOの発表を受け「2018年禁止表国際基準」からCBDを除外するに至りました。

これは「CBDは身体に影響を及ぼさない」ことを正式に認めるものであり、禁止薬物リストに指定するだけの危険性がないことを意味します。

WHOに続いて国際規定を管理するWADAがこのような判断をしたことは世界中に衝撃を与え、スポーツ業界へ新たな概念とプロアスリートたちへの新たな選択肢を与える決断となりました。
これによって有名アスリートたちからもCBD需要が一気に高まっていて、その需要は今後ますます拡大すると見られています。

ただし、除外されたのはCBDのみであり、精神作用を及ぼすとされるTHCに関しては引き続き禁止対象物質となっているので注意が必要です。

CBD解禁により、早くもスポーツ業界で高まるCBD需要

WADAの発表を受け、早くもCBDの使用を許可するスポーツ団体が出始めています。
2018年7月にはアメリカのBIG3スポーツ団体(3対3のバスケットボール競技団体)がCBDの使用を正式に認める発表を行いました。

プロバスケットボールリーグの(NBA)やプロアメリカンフットボールリーグ(NFL)、そして野球のマイナーリーグはこれまで大麻に関しては非常に厳しい態度を取ってきましたが、CBDオイルの解禁により個人的に使用している選手も増えたようです。有名格闘家のネイト・ディアスは「体の回復を早めるためにCBDを使用している」と公言しています。

また、総合格闘技協会(MMA)はCBDの安全性が認められてことによってCBDオイルの販売会社を公式スポンサーそして迎えることを報告しました。WADAによるCBDの解禁発表から半年経たずして早くもCBDは業界全体に浸透していま。

CBDオイルを世界のセレブやアスリートが愛用中!有名人がCBDを使用する理由とは?

CBD人気が高まる中で、世界的に有名なセレブやアスリートたちがCBDオイルを愛用していることが度々ニュースになっています。

WHOもCBDの薬理効果や有効性の高さを評価していますが、一流のセレブやアスリートたちがこぞってCBDオイルを利用する理由とは一体何なのでしょうか?

CBDオイルに期待するのはアンチエイジング効果?美肌効果?セレブがハマる理由とは?

近年、海外ではハリウッドセレブや有名モデルたちがCBDオイルを愛用していることを公言しています。
しかし世界のセレブたちがこぞってCBDオイルを愛用するのは、CBDオイルが流行の最先端であることだけが理由ではありません。

WHOの報告書にも記載されていますが、CBDオイルには神経や細胞に対する「抗炎症作用」や「抗酸化作用」があり、これらの作用が結果としてアンチエイジングや美肌に繋がります。
体の内側から溢れる美を求められるセレブたちにとって、CBDオイルはもってこいなのです。

それだけではありません。
「リラックス効果」や「睡眠効果」、または「不安感の軽減」を目的で使用していることを公言しているセレブもいます。
何事においてもハイレベルであることを要求されるセレブたちは精神的に不安定になりやすいため、メンタルの安定にも効果も期待出来るCBDオイルは彼女たちにとってまさに理想のサプリメントなのです。

また、ガンやパーキンソン病などの治療の一環としてCBDオイルの利用を公言している有名俳優もいます。 こうして「美容」「メンタルの安定」「病気の治療」など、トータル的に効果が期待出来るということが、セレブたちから人気を集めている理由なのです。

CBDオイルにアスリートが求めるのは睡眠の質改善?鎮痛効果?

CBDはプロアスリートたちにとって「緊張の緩和」「鎮痛効果」「炎症の緩和」「睡眠の改善」「筋肉疲労の早期回復」など様々な面で有効的であると期待されています。
WADAによって禁止薬物リストから除外されたことで、アメリカを中心に選手たちからの需要も一気に拡大しました。

アメリカでは嗜好目的の大麻(マリファナ)を吸引するスポーツ選手が多いことが明らかになっていますが、これは精神作用によって「ハイになる」ためではななく、上記で述べたような医療目的で吸引する選手がほとんどだということも分かっています。

また、これまでアメリカで一般的に使用されていた鎮痛剤「オピオイド」は身体の負傷が多いアスリートたちにとって必須のアイテムでした。 しかし、その依存性と乱用性の高さからオピオイド弊害による死者が増え続け、アメリカではトランプ大統領が「緊急事態宣言」を発表するに至り、深刻な社会問題へと発展しています。

CBDオイルはこのオピオイドの代替薬としての効果が期待され、需要は今後ますます拡大すると見られています。

CBDオイルの正しい使い方って?基礎知識をご紹介!

ひと口に「CBDオイル」と言っても、たくさんの種類や使い方があります。
ここではCBDオイルの正しい基礎知識と共に、効率的な使用方法についても解説します。

CBDオイルを舌下に垂らす【チンキタイプ】

CBDオイルの中で最もメジャーで商品の種類が多いのがチンキタイプのCBDオイルです。
スポイトでCBDオイルを吸い上げ、適量を舌下に直接垂らし、60秒~90秒ほど溜め込んだ後に飲み込むのが一般的な使用方法です。粘膜から摂取すると効率的であることから舌下での摂取を推奨しています。

CBDオイルをカプセルで飲む【カプセルタイプ】

チンキタイプのCBDオイルよりも摂取しやすいことで人気なのがカプセルタイプのCBDオイルです。
ソフトカプセルの中にCBDオイルが入っているので、通常のサプリメントと同様に水やお湯と一緒にそのまま飲み込むことが出来ます。CBDオイル独特の風味が苦手な人でも手軽に摂取出来るのが特徴です。

CBDオイルをVAPEで吸う【VAPE用リキッドタイプ】

CBDオイルの摂取方法の中でも最も吸収効率が良いと言われているのがVAPEタイプです。
ヴェポライザーにCBDリキッドを充填し、熱で気化することによって肺から直接CBD成分を吸収します。

気化して体内に取り込むことで血液中にCBD成分が拡散するため生体効率が高いと言われています。 VAPE用リキッドは高濃度の商品があまりないので、純度99%などのパウダータイプのCBDを混ぜることによって、より高い満足感を得ることが出来ます。

CBDオイル以外にCBD製品はどういうものがある?代表的なものをご紹介!

定番のCBDオイルをはじめ、CBDコスメ、CBD入りの食品や飲料、そしてペット専用のCBD製品など、CBDオイル以外にも多岐に渡るCBD製品があります。

日本ではまだあまり見かけませんが、海外ではCBD専門店やポップアップストアもたくさん存在し、健康志向の高い若者に爆発的な人気を博しているようです。ここでは日本でも購入出来る代表的なCBD製品をご紹介します。

CBD美容アイテムは流行の最先端!メディアでもスキンケア・コスメなど多数掲載

2019年、美容の最先端として注目されているのがスキンケアやコスメなどのCBD美容アイテム商品です。 女性向け雑誌や美容系メディアでもCBD関連の美容アイテムが多数紹介されています。

CBDは抗炎症作用や抗酸化作用、そして高い保湿力を持っているため、スキンケアにも高い効果が見込めるのだとか。 CBD入りのリップバームや保湿クリーム、シャンプーなどバリエーションも豊富です。

最近では海外の大手ブランドが美容業界に参入して美容液やクレンジングなど多岐に渡る美容アイテムが販売されるなど、全体的に盛り上がりを見せています。

CBDチョコにグミまで!健康志向の高い人に人気のCBD食品

日本でも高い人気を誇ったCBDローカカオバー(チョコ)をはじめ、CBD入り清涼飲料水などが販売されています。 しかし、日本で取り扱われているCBD食品は未だに種類が少ないのが現状です。

海外では健康志向の高い若者に人気のCBD食品専門店がオープンするなど、CBD食品業界が賑わいを見せています。 また、米コカ・コーラ社をはじめとする大手メーカーがCBD市場に参入してCBD商品の開発を行うなど、今後の発展が期待される分野でもあります。

CBDはペットにも使える!犬・猫にはペット専用CBD製品を

実はCBDは犬や猫などの哺乳類動物にも使用することが出来ます。
犬や猫を含めた哺乳類には元から「エンド・カンナビノイド」が存在し、これにより生体の恒常性を維持しているため、人間以外の哺乳類にも作用するといわれているのです。

実際にペット専用のCBD製品も増えていて、CBDオイルをはじめ海外ではCBD入りのドッグフードなども販売されているようです。CBDは大切なペットにも安心・安全に使用出来ると言われている成分ですが、使用に際しては一度かかりつけの獣医へ相談することをおすすめします。

CBDオイルを購入する際の注意点は?

CBDオイルを初めて購入する際には、色々な情報を比較して安全で自分に合った商品を選ばなくてはなりません。 海外製品の中には稀にTHCが混入する粗悪品もあるため、購入には注意が必要です。

とは言え、CBDオイルにはたくさんの種類があってどれを選んだら良いのか分からないですよね。 そこで、CBDオイルを購入する際の注意点をはじめ、自分に合ったCBDオイルの選び方をご紹介します。

CBD含有量や濃度をチェック!自分に合った適量を知ろう!

CBDオイルは低濃度のものから高濃度のものまで幅広く販売されています。
低濃度のものではCBD含有量が100mg前後、内容量に対して濃度1%前後が一般的です。
高濃度になるとCBD含有量が3000mg前後、内容量に対して30%以上をCBDが占めるオイルなどがあります。
CBDオイル初心者は低濃度でも何らかの変化を感じられるはずなので、まずは低濃度のオイルから使用し始め、慣れてきたら徐々に高濃度のオイルに変えるのが賢い使い方です。

また、CBDオイルには摂取の目安量はありますが、使用量の上限規定がありません。
とは言え、多く摂取すればするほど良いというわけではなく、大事なのは継続して使用することです。 徐々に摂取量を増やすなどして自分が一番心地良く使用出来る適量を見つけ、毎日継続して使用することをお勧めします。

CBDオイルにはTHCが混入した危険な輸入製品も!安全なCBDオイルを購入する方法は?

CBDオイルを安全に購入するには、以下のポイントを意識するのが良いでしょう。
・有名なCBDブランドの商品を選ぶ
・正規代理店で購入する
・楽天やヤフーなど大手ECショップを利用する
・海外サイトから個人輸入しない
・店頭販売を行っている店舗で実際に手に取ってから購入する
・国産のCBDオイルを使用する

大切なのは「安全なブランドか」「販売元がはっきりしているか」を見極めることです。 大手ECショップや正規代理店で販売されいているCBDブランドは厳しい審査やチェックを通過して日本に輸入されているので、その点はクリアしています。

また、厳しい管理下の下、日本国内の工場で製造されたCBDオイルを購入するのもお勧めです。 国産のCBDオイルは税関で非常に厳しい審査をクリアした原料のみを使用して製造されているため、THCや不純物が含まれる心配がありません。

過去に「個人輸入したCBDオイルにTHCが混入していて購入者が逮捕された」という事例が実際にありました。 海外製品の中には稀に粗悪品も潜んでいるため、安易に個人輸入したりせず販売元がしっかりしている店舗で購入するのが良いでしょう。

CBDオイルが世界中で大流行!今後の市場予想や、日本での需要拡大は?

2017年頃から急速に発展したCBD市場ですが、今後ますますその拡大が見込まれています。

アメリカを中心とした欧米をはじめ、世界中でCBD市場に参入する企業も増え、その経済効果は世界的に大規模なものになるとか。そんな中、日本でもCBD市場の拡大が見込まれています。

欧米を中心にCBDマーケットが急速に拡大中!

欧米を中心に急速な拡大を見せているCBDマーケット。
今まで「娯楽」「医療」目的として使用されるのが当たり前だった大麻に対して、精神作用がなく多くの健康効果を見込めるCBDは「ウェルネス」という第三のカテゴリに分類されており、このウェルネス分野のマーケットが急速に拡大していると言われています。

米ブライトフィールド・グループの調査によると、アメリカでのCBD製品の売上は今後3年間で220憶ドル(約2兆5000億円)を超える見込みだとか…!

また、CBD取扱店の増加などで新たな雇用も創出されると想定されており、専門科や投資家たちは多大な経済効果が生まれると予想しています。

日本でもCBDの需要拡大が見込まれる!?いよいよCBD由来のてんかん薬の臨床試験が始まる!

2018年3月、アメリカで承認されたCBD由来の難治性てんかん薬「エピディオレックス」の臨床試験(治験)がいよいよ日本でも開始される見通しとなりました。

現段階で使用が許可されているのは病院での臨床試験(治験)のみですが、これまで大麻取締法によって大麻草由来の医薬品の使用や輸入を固く禁じてきた日本にとって、この判断は今後のCBD市場を大きく左右すると言えます。

日本は世界的に見ても大麻草に対する規制が厳しくイメージも悪いため、いくら合法とは言え大麻草由来の成分であるCBDを国として正式に使用するには非常にハードルが高いと考えられていました。

しかし、世界的なCBD市場の拡大に伴って日本でもいよいよ初の試みが開始されます。もしエピディオレックスが日本でも処方薬として承認されれば、今後日本でも需要が拡大し、CBD市場が急速に拡大することが予測出来ます。

「麻の一滴CBD」は安心安全の国産“THCフリー”サプリメント

当サイト、NatuLo(ナチュロ)の「麻の一滴CBD」は安心安全の国産CBDサプリメントです。

大麻取締法によって日本国内で大麻草からCBDを抽出することは禁じられているため、ここで言う「国産」とはアメリカ産の大麻草から抽出されたCBDを日本に輸入し、国内の工場で加工・生産することを意味するのですが、日本で加工するために輸入されるCBDには通常よりも厳しいチェックが課されます。

輸入元の国でどのように大麻草からCBDが抽出されたかを文書と写真に収め、THCが混入していないことの証明書を厚生労働省に提出しなくてはいけません。そして税関で厳しい審査を受けます。
書類に不備があったり証明が不十分とされた場合は、もちろん日本への輸入は認められません。

これらの厳しいチェックをクリアしたCBDで製造された「麻の一滴CBD」は、さらに自社でも二重の検査にかけて完全なTHCフリーにこだわった純粋なCBDオイルサプリメントです。

・CBD濃度6.6%
・厳選された原材料を使用
・二重のTHCフリー検査を実施
・国内GMP認定工場で製造

厳しい条件の下で製造されたこだわりの「麻の一滴CBD」は、安心安全で貴重なCBDオイルです。 高品質のCBDオイルカプセルをぜひお試し下さい。