麻の一滴CBDの商品詳細・正規通販 | ナチュロ(NatuLo)公式ホームページ

Glossary

用語集

用語集

あ行

    • アイソレート
    • アイソレートとは、一般的には天然成分から特定の物質を取り出したもののことをいいます。 CBDの場合でご説明すると、大麻成分の中からCBDのみを取り出したもので、このCBD成分を結晶化したものをいいます。 無色透明で、クリスタルとも呼ばれています。
▲ページトップへ

    • ヴェポライザー
    • ヴェポライザーとは、熱を使って成分を蒸発させ、気化した成分を吸入・吸引するための器具です。ヴェポライザー用のCBDオイルやアイソレートを器具の中に入れ、電源を入れて電気などで200℃前後まで加熱してCBD成分を気化させます。そしてその気化したCBD成分を吸入します。
▲ページトップへ

    • エンドカンナビノイドシステム(ECS)
    • エンドカンナビノイドシステム(ECS)とは、エンドカンナビノイド(内因性カンナビノイド)とカンナビノイド受容体の複雑な働きのことで、ヒトの細胞同士のコミュニケーションを支える機能をいいます。 免疫調整、感情制御、運動機能、認知、記憶など、様々な機能に関係する働きを行っているといわれており、ヒトが本来持っている身体調節機能を意味します。
▲ページトップへ

か行

    • カンナビジオール(CBD)
    • カンナビジオール(CBD)とは、麻に含まれる植物性カンナビノイド(化学物質)の一種です。植物性カンナビノイドには100を超える種類がありますが、CBDはこの中の1つで、現在最も薬理効果が期待されている成分だといわれています。 アメリカやヨーロッパではCBDを使った医薬品が、癌やてんかんなど様々な病気の治療に使われています。 また、医薬品以外にも健康食品として様々な目的で摂取され、人々の生活に密接に関わっています。
    • カンナビジオールオイル(CBDオイル)
    • カンナビジオールオイル(CBDオイル)とは、産業用大麻草に含まれる「CBD」という植物性カンナビノイド(化学物質)を飲料可能に加工したものです。 日本では2013年頃から徐々に知名度が上がり、サプリメント(健康食品)として国内でも販売されるようになりました。
▲ページトップへ

さ行

    • 産業用大麻
    • 産業用大麻とは、精神作用を与えるテトラヒドロカンナビノール(THC)が0.3%未満になるように品種改良された大麻草のことをいいます。 日本でも古くから食用や繊維などとして使われてきました。 テトラヒドロカンナビノール(THC)成分が少ないため、仮に接種したとしても酩酊や多幸感などの精神作用は生じません。
▲ページトップへ

た行

    • 大麻(マリファナ、カンナビス、ヘンプ)
    • 大麻(マリファナ、カンナビス、ヘンプ)とは、大麻草の花冠、葉を乾燥または樹脂化、液体化させたものをいいます。 大麻には食用や繊維などとして使われる産業用大麻や嗜好用大麻がありますが、嗜好用大麻は精神作用があることから使用を法律で禁止している国も多いです。 最近はカナダなどでも大麻の使用が解禁され、大麻の使用が認められる国が徐々に増えてきました。 大麻を禁止している国は、主に精神作用のあるテトラヒドロカンナビノール(THC)などの成分を禁止していることが多いです。 日本でも、大麻の象徴的な成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)は禁止していますが、カンナビジオール(CBD)には精神作用が無いことから法律で使用を禁止していません(合法的に摂取できます)。
▲ページトップへ

    • テトラヒドロカンナビノール(THC)
    • テトラヒドロカンナビノール(THC)とは、麻に含まれる植物性カンナビノイド(化学物質)の一種です。 THCには抗菌性、鎮痛性、制吐性など様々な効果があるといわれていますが、多幸感や酩酊感などの精神作用が強いことから日本では摂取が禁止されています。 THCにはΔ9-THCタイプとΔ8-THCタイプがあり、Δ9-THCタイプは特に精神作用が強いです。
▲ページトップへ

は行

    • ベイプ(VAPE)
    • ベイプ(VAPE)とは、いわゆる電子たばこのことで、電気で加熱して気化した成分を吸入するための器具です。 ヴェポライザーと気化器の総称であり、ベイプはヴェポライザーの一種といえます。
    • ヘンプシードオイル
    • ヘンプシードオイルとは、ヘンプシード(大麻草の種子)から取れる油をいい、ヘンプオイルとも呼ばれています。一般的に、ヘンプシードオイルは優れた栄養価のある食品として知られていますが、CBDオイルと比べるとCBD含有率は低いです。CBDオイルの原料は産業用大麻の茎と種、ヘンプシードオイルの原料は産業用大麻の種のみです。CBD含有量はCBDオイルのほうが多く、ヘンプシードオイルには少ししか含まれていないことが多いです。
▲ページトップへ

や行

    • 薬理効果
    • 薬理効果とは、薬物が体に与える作用のことです。 体にとって良い作用もあれば悪い作用もありますが、体に有害な作用については薬害反応といわれています。
▲ページトップへ